ワーキングマザー KANAKO 暮らしに恋をした。

「できない」が「できる」に変わるとき 「形のないもの」が「形のあるもの」に変わるとき ワクワクドキドキする 暮らしを楽しむを伝える

*

幼児自慰行為に悩む・・

      2016/12/29

スポンサーリンク

個人的にもこの思考ができてすんごいスッキリしたし。

結構検索でやってきてくださる方も多いので

現在のブログにもお引越しさせてもらおうと思います。

 

~過去ブログからのお引越し記事です~

衝撃タイトルで、

ゴメンなさい。。

調べるとさ、

「ほっとけ、気にするな。」
「気持ちいいことを探せる能力を褒めろ。」

とか書いてあるんやけども。。

 

「愛情不足かも?」
はぁー、ふざけるなー!!

 

そうは思えなーい。

暇さえあれば、
角に股間を押さえつけて、
ブンブン。
そして、汗をかくまで
前後に動かし続けます。。
ソファーでも階段でも

しまいには車でも。。

shitsuke

気をそらしてあげる余裕がある時は
いいんだけど、

もー気になっちゃって。笑

 

夫にやっと相談!

正直相談するのも恥ずかしくて、
数ヶ月悶々としてた私。。

「俺もそーいやしてたなー。」
…。

あっ。
確かに私もしてたー(キャーッ)
そして、母にやんやん言われてたー。

…。

母心としては、
やんやん言わない対策は
見つからないけども。

子が行為をしたくなる気持ちは
思い出した。

子どもが楽しいことを
親が恥ずかしいことだと受け止めて、
その認識がある故に
子どもに
行為を抑制していることには
気づいた。

 

子どもの楽しみを抑制したくない自分より

目の前でブンブンハァハァされて
イライラする方が勝つんだ。

「恥ずかしい、汚らわしい。」
そう思ってることもわかった。

だから目の前で見ると

子どもの意思をコントロールしたくなる
親(私)の姿がある。

 

そんな時、
どう受け止めて
どう向き合うか。

長くなったので続きます。

 - 育児