チャレンジしたことのない山を登る勇気の源はワクワクだった

Blog

予約投稿って便利やなーと思うんだよね・・。

えっ?急にどうした?笑

 

いや、何でも予約は便利だよね。
炊飯器でご飯を炊くこともさ。
暖房を朝6:00にセットして起床したら暖かいお部屋になってるとかさ。

そう、「当たり前」のことを予約したい時は便利なんだなーと。

 

私はBLOGの記事更新をほとんど?予約投稿しています。

でも、時々この「予約投稿」と「今」の違いが

何だかなーって思ったりするわけなんです。

ブログを書く理由
私は今はこう思ってなくて・・そんな記事を書きたいよーとかも思ってる。

重量級な記事に負けそうになる
このときにもそう感じたんだと思う。

タイムリーな記事をタイムリーな思いとともに

アウトプットできればいいんだけれども。

それはそれは難しいわけで。

 

タイムリー記事投稿

1日1記事投稿

結論的に後者を選択する自分がいるんだなって。

 

どうして後者を選択するかというと‥。

「やる」と決めてみたことをちょっとやってみたくて。
そしてそのやってみた後の色々な変化を体感してみたくて。

みたいな・・なんか・・なんか要するにそんな感じなんだと思う。笑

 

この根っこの部分ってのを結構私がずーっと大切にしてることやったんやなーと思ってる。

ERRYnosutarugic_TP_V1

んーと。

それは
「できない」が「できる」に変わる時
「形のないもの」が「形のあるもの」に変わる時

こーいうことに
ワクワクしたりドキドキするんやなーって。

 

「Blog1日1記事更新」をまず1年「やる」
その変化を、何よりも自分が楽しみにしていてるんです。

 

そのためにはやはり予約投稿は便利なのよね。
できる時にはタイムリーな記事をタイムリーに書く。
そういう選択をしている自分だと意識する。

 

「できない」が「できる」に変わる時
めちゃめちゃドキドキワクワクする。

だからさ「ちょっとやってみたいこと」をやるんだけど。

登れる山が、あっここにもある!とかキュンキュンしちゃって「ちょっとやってみる」

でもたまには「何でこの山を私は登りよるんやろーか。これはたどり着けるんやろーか。」なんて弱気になったりもしちゃって。

 

 

ライフスタイルブロガーをライフワークとするっていう山は、
これまでに挑戦したことない山なわけで、
やっぱり色々な感情も出るなーと思うわけです。

「この山を登る覚悟が君にはあるのか?」
何度もそう試されているんじゃないのか・・そんな気さえもします。

 

 

でもねー。
やっぱり。

「ちょっとやってみたいっちゃん。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました